陰キャのモテ思考

第一印象は1点減点で即失格

(読了目安:約2分)

こんにちは!ジグです!
今回は、第一印象における評価システムについてご説明します。
合コンやパーティで勇気を出して話しかけたのに、相手にしてもらえなかった経験などありませんか?
僕は今でも心が裂けそうになるほど、心当たりがあります...笑

それは、アナタを嫌っているワケではなかったのです。
では、サクッとまいりましょう。

元オタクでヤドンに似ている非モテ陰キャだった僕が
運命の悪戯でパリピな仕事をする事になって
非モテ陰キャを克服したエピソードは こちらから。

以前、このようなツイートをしました。

20/11/06時点で3"いいね”もついて、バズりまくってます泣
この内容について、掘り下げて説明いたします。

心の壁とは

人は誰しも、初対面の相手には"心の壁"を張っています。
その壁は"警戒"というものです。

「この人は危なくないか?」
「変な目的があるんじゃないか?」

こういったマイナス視点からのスタートになります。
マイナス視点の時、相手の目は次の減点箇所を探すよう動いています。

嫌いな人を見る時って、その人の悪い部分ばかり目に付きますよね

そして、マイナス箇所を見つけた時、相手はこう思います。
「あぁ、やっぱり、思った通り変なヤツだ」
「関わらないようにしよう」

だから、まずは減点を抑える事が重要なのです。

減点を抑える

さて、では、
「減点を抑える」とは具体的にどういう事でしょうか。

まず減点されるべき例をいくつか提示します。

見た目面

  • 鼻毛が出ている
  • 眉毛がボーボー
  • 服装がヘンテコ
  • 髪がボサボサ
  • 爪が伸びている
  • 顔がテカっている
  • 匂いが気になる

行動面

  • 距離感が近い
  • 喋り方が喋り方が鼻につく
  • 声がデカい、もしくは小さい
  • 目が泳いでいる
  • 挙動不審

などなど

要するに減点を抑えるには
まず「清潔感」
次に「シンプル」
そして「落ち着いた行動」
この3つを心がけるようにしましょう

心の壁を解放すると

なんとか失点を抑えていると、
徐々に相手の"心の壁"が開いてきます。

「危ないヤツではなさそうだな」
「変な目的もなさそうだ」
「不快感もない」
「悪くはないかもしれない」
「とりあえず信用しても良いだろう」

と、"心の壁"が開くまでが、ひと段落です。
やっとスタート地点に立てました。

"心の壁"が開くと、1点や2点の減点でも一気に落第させられる事もなくなります。
正当な評価を受けられるようになるのです。

その為に必要な事は、この3要素。
「清潔感」「シンプル」「落ち着いた行動」です。

それぞれについては、また別の記事でまとめます。

最後に

素敵な出会いは、いつ訪れるか分かりません。

初対面でミスってしまうと、もう次の機会は与えてもらえません。
僕の好きなとある漫画に
「今を戦わない者に、次はやってこない」というセリフがあります。

「ちょっと買い物に出るだけだから、良いか」
と手を抜いて外出した先で、運命の出会いを逃す可能性もあります。

いつでも最低限の身嗜みは意識しておきましょう。

さぁ、昨日より少しずつ魅力的になって、
ステータス カンスト目指しましょう!

では、また!

(2020/11/06 更新)

-陰キャのモテ思考

© 2021 陰キャのモテ理論 Powered by AFFINGER5